気血水の詳細

東洋医学では、私達の体は、気・血・水の三要素の循環によって維持されていると考えます。

気は元気の気、気力の気であり、生きる力そのものという意味で、生命力と言えます。
この気は経絡(気の流れる道)にそって全身を巡り、五臓六腑の働きを司どっています。 また体表(皮膚)を取り囲んで体を守っています。これを衛気と言います。

漢方では、先天の気といわれる両親から与えられた気(生命力)が弱い人は、病気にかかりやすいとしています。
先天の気が弱いと、生まれつき虚弱で、発育が悪かったりします。 また冷え性で、疲れやすいといった傾向もついて回ります。

先天の気に対して、自然界から取り入れる後天の気(生きていく力)があり、後天の気が弱い人も また、病気にかかりやすいと言えます。後天の気が弱いと、自然の恵みとしての、太陽光、清気(空気 のこと)などの天の気、水穀の気(水や食物)、地の気をうまく補給できません。

病の気、つまり気毒に侵されやすい人は、第一に、精神的なストレスの影響を受けやすい人と言えます。 この人は、ストレスを溜めやすく、体調が悪いとしたらストレスが原因というタイプです。 このタイプは、ノイローゼや自律神経失調症に陥りやすく、生まれつき体が虚弱な場合も多いものです。

しかし中には、元あった気を、自ら消耗しすぎてしまい、結果的に気(生命力)が不足してしまったという 人も多くいます。

気血水の図

血は体内を巡る血液、血管、血流を意味します。 また心臓や循環器系、内分泌系の働きを指します。

気毒に侵されやすい人は、気の流れが悪いと血の流れも悪くなって、血が停滞し、汚れていくことになります。

ストレスは発汗を促し、血液中の水分(血漿)が減少し、血液が濃くなく血流が悪くなることからも、血毒と気毒の関係を説明することができます。
しかし血毒を起こしやすい人の中には、ストレスを感じにくい人や、スタミナがあって無理のきく人もいます。 このような人ほど、無理をして生活習慣が乱れる傾向にあり、生活習慣病と密接に関わる血毒を起こしやすいのです。 血毒のある人は、往々にして血の濁る肉食や脂物を好みます。過食、肉食は血中のコレステロールや血糖値の上昇に繋がり、老廃物を増加させるので、 血液を汚すことになります。

水は、体内の水分のことで、津液ともいいます。体の中をめぐり栄養分を運ぶ無色透明の液体です。 血管以外の体液の総称であり、リンパ液、唾液、胆汁などの外分泌液、涙、汗、痰などを含みます。
水毒は、体内の水分バランスの崩れです。体内の水分が多すぎると体がむくみが生じ、利尿・発汗し 過ぎると体内の水分不足を招きます。血毒から水毒になるのは、汚れた血液が心臓・腎臓の負担にな り、浄血する腎臓が特に大きな影響を受けるからです。漢方では津液を、温水でであるとしています。 冷たいもの、体を冷やすものは、津液の温度を下げ、水毒を生じやすくさせてしまいます。

さて、上記の「気」「血」「水」を現代医学に置き換えて、大きく分類すると、 気は自立神経、水は免疫系、血は内分泌系にあたります。
例えば、「気」の自律神経が失調すると、「水」の免疫系も失調し、風邪を引きやすくなったり、アトピーが悪化したりします。 あるいは、内分泌系の「血」が失調して、月経障害が生じたりします。