東洋医学の五臓六腑A

心

 心

心は、「心は神を蔵す」といい、心が神を通じて、五臓六腑を統率し、意識と精神活動を 受け持つとしています。
神志とは、精神・意識・思惟活動など、生命活動の総合を指しており、 心は大脳新皮質を首とする高次神経系の機能を有すると考えます。
また心を神に通じる統率者としたのは、心臓が最も重要な臓器であるという考え方に基づいてます。 思惟活動を行う上で、また心は、心臓の拍動に基づき血液循環をさせ脈の働きをつかさどります。
血液は血管を絶え間なく運行しています。運行は「心の陽気」と、脈の働きの双方の力を頼ってなされています。

心の機能に異常が生じると、血液の循環に変化をきたし、脈や心拍数にも異常 が現れます。心の異常は顔色または舌先の変化となって現れやすいものです。

ところで、現代医学では、心臓・循環器系と、大脳新皮質は少々距離がありますが、 東洋医学においては、両方の作用の組み合わせで考える必要があります。
東洋医学では、心臓・循環器系と大脳新皮質、すなわち血脈と神には密接な機能があり、 心気の機能が正常であれば、心の気血が満ちたりて思惟活動が活発になり、元気が満ち溢れると考えます。

 小腸

小腸は、飲食物の清濁を分別を主る機能を持っています。
小腸によって、栄養分は脾に取り込まれ、、不要分のうちの水液は膀胱に、固形物は大腸へおろされます。 心と小腸は、経脈を通じて互いに繋がっています。
つまり心火が小腸に移ると、小便は赤くなり、血尿が現れることもあります。

肝

 肝

「肝は疎泄を主る」と言われますが、「疎」とは「通」の意味であり、「泄」は「散」の意味であ るので、肝は気持ちよく全身に気が通じ、散じることを好むという意味になります。
人間の精神的な活動は、心が主る以外に、肝とも密接な関係を持っており、自律神経系の活動を 調節する機能は、肝の疎泄作用の一つです。肝の疎泄作用が正常であれば、情緒が安定し、 快適な精神状態が保たれます。

肝は五行では木に属すので、木のように自由に生長し、 抑制を嫌う性質があり、動と昇を主るのです。
そこから、肝は「将軍の官」と呼ばれ、外敵を防ぐ思慮・計謀を主り、剛強であるとされてきました。
よく言われる「肝っ玉のすわった人」の「肝っ玉」とは、この肝に由来しています。 外部からの刺激によって、感情を害すと、肝の疎泄作用は鈍り、抑鬱状態や興奮状態に陥ってしまいます。

肝には、血を貯蔵して、体の血量を調節するという働きもあります。これも肝の疎泄作用の一つです。 この肝の疎泄機能が悪く、気血が鬱滞すると、筋肉の強張り、月経不順、子宮筋腫、目のかすみ等の症状が現れます。
筋肉の正常な状態を保つ為には、肝血の濡養をはかる必要があります。肝血の不足は、四肢痙攣や麻痺を起こします。

 胆

胆は、六腑の一つに数えられていますが、水穀(飲食物)を受け入れないので、他の五臓と異なるところから「奇恒の腑」の一つともしています。
胆の主な機能は、胆汁を貯蔵して、必要に応じて腸に胆汁を送り込み、食物の消化を助けることにあります。 また胆は、「中正の官」であり「決断を主る」とも言います。 人間の精神活動は、心が司令し、統率しますが、決断を下す時は、胆が主ることになります。

つまり胆は、人間の精神活動に深く関与しており、中正の優れた判断は胆にて下されるのです。 思慮深く、あれこれ思いを巡らしても、優柔不断で決断ができない人は、胆が虚であるとか、胆が病気であると考えます。
肝の素晴らしい謀慮も、胆の働きをなくしては、決断力を欠き、実行不能となってしまうのです。 といって、胆が盛んすぎると、人は気が短くなり、怒りやすくなったりもします。

脾

 脾

東洋医学の脾胃と言われる臓腑の機能は、現代医学の脾臓の働きとは異なり、消化器官の働きの方に相当します。
脾は、水穀(飲食物)の精微(栄養物質)の吸収し、その運化(輸送と消化)を主ります。 この「運化を主る」という言い方には、二つの大きな意味が含まれます。 一つは、水穀の精微(栄養成分)を全身の各組織に輸送・配布することで、もう一つは水液の 吸収と排泄を促進することです。

消化された飲食物は、まず小腸にてその清濁を分別します。小腸にて得られた有用成分と水分は、 脾が吸収し、全身の各組織に輸送し、配分します。 この時、脾は余分な水分を体外に排泄する働きもします。
水分代謝は非常に複雑で、脾の水分代謝促進作用、肺の粛降作用、腎の開闔作用が互いにからみ合い水分代謝を進行し、 体内の水分バランスを正常に保ちます。
吸収された精微物質は、まず血中に入り、肺に転送され、全身に巡って栄養分が散布されます。

 脾と筋肉・四肢

脾は、水穀の精微を運化するので、脾の機能が正常であれば、四肢の筋肉はよく濡養されます。 筋肉がついて、全身に力が満ち溢れます。このため脾は、四肢・筋肉を主ると言います。

脾の統血作用

脾は、統血の作用があります。統血の「統」は、統帥する、また抑制するの意味であり、 統血とは、血液を固摂し、血が管道より溢れ出ないようにして、体内を正常に循行させる 作用のことを言います。脾気が不足すると、運化が滞り、脾はその統血機能を失います。 つまり、脾の飲食物の運化がうまくいかなくなると、血液成分が変化し、出血しやすくなるのです。 脾の統血作用は、出血性の疾患に対して、治療の有力な根拠となります。

 脾は口に開竅する

脾気が足りていると、食欲が出て味覚が良くなりますが、脾気が不足すると、食欲を失い味覚は 鈍くなります。また唇は脾の象徴であり、脾の機能が正常であれば、唇は紅く潤いがあります。

 胃

胃は「水穀の海」とも呼ばれ、飲食物はまず胃で受納され、腐熟(消化)します。 脾と胃は表裏の関係にあり、飲食物は胃で「受納」した後、下降し、脾によって「運化」されます。 脾が「昇」を主るのに対して、胃は「降」を主ります。
胃気が降りることによって、水穀は下降して、消化されますが、脾気は 昇ることによって、精微を全身に散布するのです。
つまり脾と胃は、密接な関係があり、相互に依存しながら、共同してそれぞれの機能を高めています。
また脾胃は五臓六腑の活動源である水穀の精微の、受納・運化を主るところなので、 脾を後天の本と言い、人間の豊かな身体形成の関わる根本とされています。

肺

 肺

肺は「相傅の官」と呼ばれ、君主である心を補佐する宰相の役割を果し、人体の血液の循環を調節し、 気血を調節して、五臓をよく協調させています。
したがって、血液異常では、肺に対する治療も大切になります。
人間は呼吸によって自然界の清気を取り入れ、体内の濁気を外へ排出します。 呼吸による清濁の気の交換は、人体の生命維持に不可欠なものです。 肺は全身の気を主り、自然界の清気と水穀の精気は胸中に集めます。自然界の清気と水穀の精気は胸中で結合して「宗気」というものになります。
宗気には、肺の呼吸作用と心と協力して血液の運行を助ける作用があります。つまり、血の循行には宗気が深く関わっています。

 宣発

肺には宣発と粛降の作用があります。 宣発とは、肺の気を上方へ昇宣し、外周に発散させる作用のことです。 肺は宣発によって、気血や津液を全身に輸送して配布し、皮膚を温め、潤します。
また肺は宣発作用を通じて、体表の皮毛に衛気や水穀の精微を送ります。 皮毛は体表で外邪の侵入を防ぐ役割をしているので、肺気が不足すると、皮毛は衰え、 外邪が侵入しやすくなって風邪を引きます。肺が皮毛を主るというのは、この為です。

 粛降

粛降の「粛」は清粛の意味で、「降」は下降の意味であり、 粛降作用とは、肺気の下方への通行と、呼吸道の清潔を保つ作用のことです。
清気は軽く散らばりやすいものなので、肺の粛降作用によって清気は下降し、 精微と合わさり宗気となって、各臓器に分布されるようになっています。
また、この粛降作用は、水分代謝にも関わっています。脾の運化作用、腎の気化作用、 肺の粛降作用は、それぞれが絡み合って水分代謝を促進しています。

腎

 腎とは五臓のひとつ

「腎為先天之本」と言い、泌尿生殖器系と一部の神経系、造血系、内分泌系の機能を包括したものの総称で、 古来、腎には二葉あって、左側を、“腎”、右側を、“命門”、としています。
腎は、陰を主り、水に属し、命門は、陽を主利、火に属します。
そこで“腎”は「水火の臓」の呼称もあります。
腎は“精を蔵し、命門の火を主る”と言い、これは、人体の成長、発育、生命活動に必要な「精(腎陰)」「命門の火(生命のエネルギー、腎陽)」の相互作用によって、生長、発育、人体の機能調節を行っています。

→ 東洋医学の五臓六腑@

→ 気・血・水の概要