漢方自然療法で精力アップ

A  まず3つのタイプが考えられます。
   2つ以上のタイプが混ざり合っていることもあります。
   あなたは、どのタイプになるでしょうか?

  • 生命を維持するエネルギーを摂取・補給する力が低下。
  • 食欲・気力が低下している。
  • 活力源が、枯れてきた。
気の部分
  • 摂取したエネルギーをうまく利用しきれない。
  • 代謝がうまくいかない。
  • 体力・持続力が低下している。
血の部分
  • 不要になった代謝産物を排泄・浄化する力が低下。
  • 新陳代謝の力が低下してきた。
  • 病気に対する抵抗力が弱くなった。
水の部分

B  気・血・水のどこが変調しているか分かったら、
   次のような対策を考えて見ます。

  • 気(自律神経系)、血(血液・内分泌系)、水(腎・免疫系)に関係する 臓器の器質的な原因を調べて、西洋医学的な診断・治療を行う。
  • 生活習慣や体質的なものを考慮してみる。
  • 体質的な面より、機能的に失調を起こしやすく、ひいては、器質的に悪化していく 場合、機能的失調を起こしにくい療法をとる。 自然療法(食養・漢方・理学療法)も考慮に入れる。

C  食養(食事療法)の視点からも考えてみます。

  1. 何らかの原因(精神的・肉体的な原因)で「気」に影響が生じ、食欲も気力もわかない。 そのため活力源を摂取・補給することができない。 三大栄養素(炭水化物・脂肪・蛋白質)の不足がないか? 食欲を増進させる味・香りにも不足がないか? 滋養とスタミナ源が十分かどうか? …などについて、考えてみる。
  2. アンバランスな生活習慣などが原因で、食事のバランス・栄養バランスが崩れている。 カロリーの摂取はできていても、それに伴って摂取されるはずの、ビタミン・酵素・ミネラル などが摂取できていない。 そのため、代謝が円滑に働かなくて、体力・持続力が低下し、生活習慣病の原因をもたらしている。 …といった問題がないか、考えてみる。
  3. 炭水化物・脂肪・蛋白質などの栄養源・栄養素、酵素、ビタミン、ミネラル以外にも、 必要な栄養素がある。緑黄色野菜などの成分、微量ミネラル、野菜・果物など。 これらの物質が摂取不足になると、生体防衛、免疫、恒常性維持、体液代謝(水)が円滑に働かない。 生体に必要なエネルギーを維持する能力・抵抗力・抗病力の低下を考えてみる。