腎虚と肝虚の関係

腎は精〔生命エネルギーの基礎物質〕を貯蔵し、この精が不足すると肝を養う ことができない、これは肝血〔肝に蔵す血〕と腎精が相互資生であるがため、 腎精が不足すると結果的に血液不足となり、肝血虚〔肝陰不足〕、すなわち 肝血の不足となります。

肝血は目に働きその不足は視力低下、また筋に働くた めその不足は筋のひきつり等を引き起こします。
肝経〔肝に気血が流れる道筋〕 は生殖器を流れていますために、男性なら インポテンツ、女性なら、不感症、不妊症に関係してきます。

また腎精は内分泌 系全般の物質的基礎に相当するものと考えられています。これは生命体の発生、 生育、生殖、成熟、等に関与しています。
従って腎精不足はこれらの不足を来た し発育不良、生殖機能の衰退老化の促進などをもたらします。又腎精不足は脳髄 を充実させることができないため、眩暈、耳鳴りなどを引き起こしやすくなって きます。これは東洋医学で言う〔水〕に腎が関係しているからです。
これを〔腎水〕と言い非常に重要な概念を意味します。

このことは追って記述していきたいと思っています。又腎は骨に関係するため老人 では骨の異常などによる変形等が起こります。従って腰痛、関節痛などを起こしや すくなります。又腎精不足と共に表われる腎気虚〔腎の働きの・不足〕には知能、 反射神経の低下、性機能の衰退、記憶力や記名力の低下、ボケ、聴力視力の減退、 腰や膝の無力などが現れます。

更にこの症状が継続し腎の働きの低下衰退により寒気・手足のひえ、頻尿・夜間多尿 ・尿失禁、又排尿困難などの症状等が現れます。
腎精不足が継続すると逆に虚熱と 乾燥の症状となり体の熱感、てのひらや足の裏のほてり・のぼせ・いらいら・不眠・ 頬の紅潮・口や喉の乾燥感・痩せる・尿が濃い・便が硬くなる・性欲の仮亢進〔快感が ない 勃起しやすい、精液がすくない〕などの症状があらわれます。

五行の図